アルバイト・パートで収入を得ている人は、カードローンでお金を借りることができます。
なぜなら、カードローンは原則20歳以上で本人に収入がある人を対象としているからです。
(※本人に収入の無い専業主婦でも銀行カードローンなら利用可能)
 
ただ、残念ながら毎月安定した収入のある正社員と比べると、借りられる金額は低くなる現状ではあります。
 
ではどれくらい借りられるのか・・というと、それぞれのカードローンによって若干の差は出ますが、概ね10万円~30万円くらいになっています。
 

なぜ借りられる額が少ないのか


なぜ、借りられる額が少ないのかというと、そもそもお金を貸す側としては「必ずお金を返済してくれる人」に融資します。
 
つまり毎月安定収入があって、借金も少なく(借金もなく)お金を返済する力があるひとであれば安心して融資できるからです。
それに比べると、アルバイトやパートの収入は毎月一定額の収入があるとは言い難く、正社員と比べると月々の収入も少ないことから、
融資額(利用限度額)が低く設定されるのです。
 
また、消費者金融などの貸金業者が提供しているカードローンは、総量規制(個人の年収3分の1以上の融資ができない)の対象となるため、
本人の年収が低ければ利用限度額もそれに合わせた金額となってきます。

総量規制とは、貸金業者からの個人の借入金額の合計が、「年収の1/3」を超えてしまわないように定めた規則です。
この場合の借入金額は、1社ではなく借り入れを行っている全ての企業が対象になります。
出典:https://lapl.jp/souryoukisei-taisyougai-cardloan/

 
アルバイト・パート収入の方こそ、「お金が必要」になることもあるでしょう。そうなった場合は、カードローンの利用はとても便利。
借り入れ金額は少なくとも、緊急時の借り入れなどで頼りになるツールになるはずです。
 
しかしお金はあくまでも借金ですので、利用される際は必ず返済する時のことも考えて利用しましょう。