低金利でお金を借りたい場合は銀行カードローンを利用しましょう。
なぜなら銀行カードローンは消費者金融などの貸金業者のカードローンよりも低い金利設定となっているからです。
 
お金を借りる時には外せない「利息」
もったいないと感じていながら「これは当たり前のこと」としてお金を借りている人がほとんどだと思います。
しかし高額な利息になると、どうしても出費負担が増えてくるのも実情。できれば低く抑えたいものです。

その場合は銀行カードローンをおすすめします。
今や銀行カードローンは一言では言えないくらい多くの商品が出ています。
都市銀行をはじめ、地方銀行、ネット銀行など、多くの銀行が「個人向け、無担保、保証人なし」のカードローンを提供しています。
 

どうして低金利なの?


そもそも銀行はお金を運用するための機関なので、資金も豊富でローン以外でも様々業務を行う事で安定した融資が可能となっています。
そのため消費者金融などとは異なり、低い金利での融資が可能なのです。

それぞれのカードローンによって金利設定も様々です。
銀行の中でも金利の高い・低いはありますので低金利を重視したい場合は、表記されている金利の上限金利で比較してください。(初回利用者や実績回数が低い利用者では下限金利は割り当てられません)
 
また、返済方式・返済方法もカードローンによって異なります。
いくら低金利だからといって、少額を長期間での返済にしてしまうと、結局支払った利息が高額になる場合も考えられます。
その点もきちんと把握したうえで、使いやすいカードローンを選んでください。